2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2011/03/17 (Thu) つれづれに

あれから、テレビやラジオなどのメディアは基本的にOFF。

緊急速報も、いざとなると焦って身動きできなくなるから、
いっそ唐突に訪れる自然に身を任せよう。

一秒先の恐怖や不安も、無いのです。
だからか、余震には毎回びっくりしちゃいます。
いいの、びっくりしても。
うわっ!と声を上げ、怖かったー!と騒いで、たまったら泣くから。






実家で家族と過ごし、甥や姪を抱き、
友人や知人のブログやmixi、
応援メールや、嬉しい電話の声に支えられてます。

こうなるずっとずっと前から、
悲しみや苦しみがひとつもない、平和な世界を作ることを
夢見て生きてきたけど、そのためにムキになってるうちに
私という一方向の物の見方だけでは、
世界や誰かが救われたりはしないんだと、
ある時、つくづく自分の小ささを実感しました。

だけど諦めるんじゃなく、私は私をよく知り、私という軸の物の見方が、
そして丸い地球には丸い、360度の物の見方が必要で、
そのためにも、様々な人々の感覚や価値観やバランスが必要で。
それぞれの人の、それぞれの考えや価値観を尊重する意味でも、
私は私を否定することなく、尊重していきたいと思ってます。

自分を信じれば人を信じることができて、
そしてその人の力を借りて、協力するんだ。
支え合うんだ。
一緒に、頑張るんだ。

よく言うでしょ?“自信は自分を信じること”だよって。
本当に、そうなんだよ。







避難所で感じた恐怖は、
私自身が一瞬にして冷静さや安定感を欠き、
誰かを悲しませたり、不安にさせる可能性を持ち合わせてる
という自覚でした。

これまでも、自分の中にある
負とされるような想いの数々にも触れて来たつもりだけど、
それらが100%、完全に癒えて無くなり切ることなど
ないのかも知れない、と思いながら、それでも少なくとも
自分のそれを自覚することができれば、
それを理解し、コントロールすることもできるだろう、って。

だから今は心と体をできるだけ休ませて、
私の知る限りの人の無事を祈りながら、
自分に不要と思えるものからは、離れていようと思います。

そして自分と、今目の前にいる人が、
ひとつでも安心したり、笑えたり、楽になれたりすることに
なるべく集中しながら、過ごしています。








さっき、塩釜から電話が入り、分かれて初めて
声を聞くことができました。
嬉しかった!!

たくさんの奇跡と、たくさんの支えの中で、生きてるって。
この御恩をお返しするためにも、頑張って生きるって。

生きててくれて、ありがとう。
本当に、本当に、ありがとう。

想い | trackback(0) | comment(0) |


<<伝わる想い | TOP | 被災地に居たのだと、今実感した。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://colorfulharmony.blog85.fc2.com/tb.php/916-b0505fa1

| TOP |

■PROFILE■

 

■CATEGORY■

最新記事

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ