2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2011/03/06 (Sun) 感じることを、書く。

今日もいい天気。
一歩ずつ春に近づいています↓(前にもやったっけな)。

θ
 θ
θ
 θ
θ
 θ
θ
 θ


こうしてブログを書いていて、
4歳から書き続けている日記、というものの効果は
あったかも知れないな、と。

書き慣れ、というのかな。
後から後から、文字が指先から出て来ます。
ある意味、ゴッドハンドです(?)。

ブログは人に見られるんだけど、
ノートに書く日記は誰かに見られることがないから、
文面が違う。
でも私は、ブログを書くときも、「見られる」意識は
だいぶ低いような気がする。
自分の整理の場所なのです。
言葉にしてみて初めて解ることが多くて、
「そう思ってるんだ」「なるほど」っていう感覚を求めて
書いているのだ。そうなのだ。

だから書き始めて、途中で脱線して泣いて、スッキリして終わり。
みたいな、脈絡のない文章をよく書いているわけです。
いいのか悪いのか解らないけど、不特定多数に向けている、
という意識が低いので、「○○だと思いませんか?」のような
書き方をすることが少ないんじゃないかな、と。
反応を待っているわけじゃあ、ないんだな、と
(訂正:いや、反応は嬉しいです!どっちだよ、笑)。
しかし、私が私の担当編集者だったら困るべな…。

でもね、それを残しておける、っていうのは
すごーい便利な機能。
読み返してみて、過去と今が繋がったり、または成長を確認できたり。






支離滅裂感は、出ちゃってもいいの。と思ってるの。

というのも、文章を書く時は起承転結を決めて、
導入~結論までの流れに沿って書くというようなことを、
国語の授業で習いました。
サスペンス小説や探偵モノで、犯人が最初に判明する、
なんていうのはあり得ないわけで(場合によってはあるかもね)
それは、本が、読み手がスリルや満足感、充実感等々を味わう
エンターテインメントだから。
だから「見せ方」という視点があって、
読者と著者を繋ぐ編集者がいるわけです。

でもこのブログは、私っていう生身をどんだけ言葉にできるか、
っていう自分への挑戦みたいなものでもありますもんで
気分とか思いつきとか、体調とかも含めて
得意の粘り強さ(しつこさ、とも言う)で言葉を並べているわけです!!!

…どうでもいいな。






違う、それよりこれが書きたかったの。

さっき、本田健さんのPodcast(おすすめ)を聴いてたら、
作家デビューする人が、読み手にどう思われるか気になる
という相談をしていて、
「納豆を出されて、臭い!と思う人と、うわぁ、ご飯出して!
 と思う人がいる。
 もし皆さんが納豆だったらどうですか?
 あなたはただ納豆であるだけなのに、
 嫌だと思われたり、好きだと思われたり。悲しいですね。
 でもそれは、相手の感情なだけで、あなたはただ納豆なのです」
という話し。

うむーぅ、と納得でした。

ココに何度も「私らしく」とか書いているのは、
私が、人の反応に一喜一憂してしまう怖さの表れ。

で、改めて、私は納豆である
と肝に銘じたのでした(間違い)。





どう思われるか、じゃなく、どう感じているか、
を、人生かけて、絶賛認識中!

音とことば | trackback(0) | comment(2) |


<<センタリング | TOP | 産まれます>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/03/18 07:13 | [ 編集 ]


Re: anさん 

anさん、コメントありがとうございます!

予想外のことが数々起こっている中で、
まさに、予想を遙かに超えたところで強く胸を打ってしまった様子(笑)
つらつらと、書き続けていて良かったと喜ぶと同時に、
まさかそこだとは、「!?」でいっぱいです。

記事の本田健さんはベストセラー作家で、
すばらしい本もたくさん書かれていますので、おすすめです。

今日もお互い、良い一日になりますように。

2011/03/18 11:10 | REI [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://colorfulharmony.blog85.fc2.com/tb.php/906-16855375

| TOP |

■PROFILE■

 

■CATEGORY■

最新記事

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ