2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2016/01/21 (Thu) 女同士

スピードが増してる。
エネルギーが高まってる。








子どもを産んでからというもの、
母くらいの年配の女性に
街でよく声をかけられる。

「かわいいねえ。何ヶ月?」
「上手にお育てになって」
「早くあったかくなるといいねぇ」

ほんの一言二言の、ささやかなその声がけが嬉しくて、
おそらく「母」を経験した人ならではの
私と娘ふたりを包み込むような
貫禄の優しさに、心があたためられる。

そう、何のことはない、
特別な何かでもなくて、
柔らかな心で
思った、感じたことを伝えてくれる
その想いに、私たちは助けられたり、救われたり、
支えられたりするんだ。

無意識的にやったり、言ったりしてることにこそ。






昨日もまた、いつものスーパーに買い物に行くと、
年配女性のレジの店員さんが
娘に笑いながら話しかけたり
「袋にお入れしますか?」と購入した商品を入れてくれたり。

最後におつりを受け取ると同時に、
「助かります。お世話さま」
と頭を下げてお店を出たら
自然と涙がこみ上げてきた。

本当に、産後の私は今までに増して涙もろい。







昨年ギックリ腰になって以来、
腰痛をわずらっている母のことが
ずっと引っかかっていて。

今日、久しぶりに母に電話したら
「あなたに教えてもらいたいなと思って」
と、腰痛のスピリチュアル的なメッセージを求められた。

参考になるサイトの文面を読みながら
私自身の直感的な見立てを伝えると、
「ああ、わかるわかる。そうだわ」
と、何やら納得していて、
母に必要なアドバイスだったみたい。

母と、このタイミングで
そんな会話をすることが
すごくタイムリーだなと思いながら、
母、私、娘の三代がそろって、
この時代の過渡期を過ごしていることの
その壮大な物語を思って、ため息が出た。

自分を生きる、
魂のもとめる生き方をする、
それって、どこまでもどこまでも
自分に素直に生きるってこと。

母が母を生きることで、
私はきっと、もっと私になる。
そのことが、すごく楽しみだし、嬉しかった。

原家族 | trackback(0) | comment(0) |


<<パラレルワールド | TOP | 2015>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://colorfulharmony.blog85.fc2.com/tb.php/2223-6bd6d655

| TOP |

■PROFILE■

 

■CATEGORY■

最新記事

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ