2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2015/07/05 (Sun) 現実化

引越しをしました。

まさか臨月に入って引越ししちゃうなんて・・・
私自身が一番びっくり!!

一番の理由は、前の家が
「子どもNGだった」ということを
ギリギリになって知ったせい。
だけど。まさかね。








とにかく、相変わらず
いろんな事が怒濤のように変化・変容して
今なお、その波の中にいます。

「渦中には気づけないこと」って色々あるけど、
でも、まるで台風のようなグルグルの渦の中にあっても、
その中心(台風の目=私)は静か。

「子どもが産まれたら、こんなふうに
 のんびりお茶飲んだりできなくなるのかなあ」
と言ったら、
「引越し前日にそんなホッコリしてる事が信じられない(笑)」
って夫に言われたけど☆







2012年3月、美千子さん(地球の恵さん)
大宮ルミネでのイベントに同行させていただいた
翌日、ひとりで散歩をした。

その時のfacebook記事。

それから2年が経ち、
都内に引越そうといくつか物件探しをして
ココ!と決めた建物が、タイミング違いで
借りられないことになって。

「ま、違うとこ探せってことね・・・」と
そのころ毎日見てた不動産サイトに
「新着」で挙がってきた物件。



・・・どこかで見た気がする。









!!!!!


私は建築家の娘。

建物には、こだわりというか思いがあるし、
「いいな」と思っても
わざわざ写真に撮ったりすることはほとんどない。

けれど、携帯の写真の日付を遡ってみると、
間違いなく残っていた。
あ、素敵。と思ったマンション。

そこに住むことになるなんて、
思いもよらなかった
2012年3月。








それから時が経って
2014年3月。

建物の中に入ってみると
ルイス・バラガンの家にどこか似ていて、
私の中のクリエイティビティが活性される気がした。

そこにいる私は、
パートナーという強力な共同体を得て、
その場、その時、その感覚の
未知のすべてにゆだねていて、
ずうっと、
まるで魔法のカーペットに乗ってるみたいだった。

あれから1年4ヶ月、住んだおうち。

そこでの想いの濃さは、
一回、生まれ変わって死んだくらい。

私は父に「家」という形の中で、
どれほど守られていたのかも痛感した。
世間や社会が何かも知らず、
安心の中に身をゆだねて。

バラガン邸は、それを味わうためのシンボルみたいだった。

そしてあのとき、大宮で話した
「いつか、ハンズとかロフトに石けんが並んでたらいいね」
その夢が、いよいよ、このタイミングで現実になり、
美千子さんと、東急ハンズのそばでランチしながら、
お互い、それぞれの現実化と、それまでの道のりに涙。










そして私は、また新天地を迎えるべく、
新しいおうちに引越して来ました。

この体に宿る命と、
そのふたつの命を両腕で抱きしめる夫、
そんな私たちを見守り、支えてくれる
たくさんの存在とともに。

描くイメージを、現実の上に築くために。

想い | trackback(0) | comment(0) |


<<出産 | TOP | 基礎心理学>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://colorfulharmony.blog85.fc2.com/tb.php/2208-6e6f54c6

| TOP |

■PROFILE■

 

■CATEGORY■

最新記事

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ