2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2015/02/23 (Mon) 結婚記念日

今日は結婚記念日でした。

昨年の2月22日、入籍した日は雪がチラチラ降っていて、
土曜日だったため時間外窓口のようなところに行って
ふたりで山形市役所に婚姻届を提出しました。

市役所の駐車場は「222」番で
こんなところまで語呂合わせ。







あれから、あっっっという間に1年が経ち、
記念日のお祝いに、今日、海の上にあるレストランに
食事をしに行きました。

自分が、そんな一連を経験していることが、
どこかくすぐったいような、
恥ずかしいような感じもしながら。

ほこほこと、心の奥があったかいのは
幸せだなぁ、これが私の現実なんだなあって、
実感するから。

IMG_4387_convert_20150223035532.jpg








桜の時期に、命を授かったね。
去年の夏は本当に暑かったね。
なんて、
振り返れば、人生の大きな大きな変容を刻む時の
その濃厚なことといったらなくて。

それでも彼は、
「将来、子どもは何人にしよう?」とか
「子どもが産まれたら毎年、記念に行くお店を作ろう」とか
とにかく前向き。

私はというと、昨年まで
結婚するとか、子どもを授かること自体が、
どこかで夢のまた夢くらいに思っていたし
(根底では、それを現実化することを意識してたけど)
だからまだまだ、これからの未来なんて考えられない、
という感じなんだけど。

春に流産した時も、私はどこかで
「また授かるかわからない」
と思っているのに、彼はケロッとした顔で
「産むときは絶対、池川先生のところにしよう!」
と笑顔だったりして。

それは何より、彼が自分自身を信頼している
ということで、
その、決して私たちの未来を疑わない姿勢に
すごく、すごく支えられました。

そして実際、それが現実になって、
再び命を宿すことになって。







深いところでは現実化することを意識していた
というのは、
カウンセラーの資格をとってほどなくして、
「私、カウンセラーになりたいんじゃなく、
 幸せな家族を作りたかったんだ…」
と、自分の本音に気づいてしまって、
驚きました。

「結婚?
 したいと思う人が現れたらするんじゃない?」

「なんでわざわざ結婚ていう形にするんだろう。
 お互い一番愛し合う同士だったらいいんじゃない?」

なんて、シレッとした顔で言っていた私は、
実際のところ、
結婚に対してネガティブなイメージしかなく、
「結婚したら、離婚してはいけない」という
親の非言語的なメッセージも受け取っていたから、
「結婚はできないし、もしできても窮屈なもの」
という思いこみの中を、ずっと生きていました。

だから、当たり前のように結婚していく友人たちが
不思議でもあったし、
結婚する友人たちには「どうして結婚することにしたの?」
と、必ずのように聞いていました。
純粋に、知りたかった。

ある友人が
「結婚しない理由がなくなったから。」
と言っていて、
「きっと玲子には、結婚しない理由があるんだと思うよ」
と言われたことが、なんだかすごくしっくり来たのを思い出します。

実際、私には結婚しない理由がありました。
それは先にも書いたとおり、
結婚しない事で母を守っていて。

(完全に無意識・無自覚ではあったけれど)
母の理想の女性像であろう
純潔であることの証明をしようとしたりもして。

性=不純、という無言のメッセージも、
たくさん浴びていたから。

今となれば、それは親からのメッセージというよりも
もっともっと奥深い、
宗教的、時代的背景にある価値観が
親にも浸透していて、その影響を受けていた
という事かな、と思っていますが。







けれど、その本音に気づいてから私は、
より、その気持ちの周辺にある想いの
様々を掘り起こしてみると、
実に深く、実に純粋な気持ちが隠れていました。

人としてごく自然で、
人としての理想が詰まった気持ちが。

いくつか、ヒプノセラピーで未来を観てみたり、
自分自身でセルフセラピーをやってみた中で、
「赤ちゃんを授かって、その様子を逐一
 把握しようとする人と共に生きているビジョン」
「愛おしい気持ちで赤ちゃんを抱いているビジョン」
などなどを、体験しました。

その体験は涙が出るほどリアリティがあって、
だからこそ、いつか現実になる
ということを意識付けすることができたし、
それに伴って、現実になっていない理由(感情)が
壊れていく過程も過ごしました。

ひとつひとつ、丁寧に薄皮をむくようにして。







そうして本音の私が現れたら、
今までの私の願望、注いできたエネルギーは
ほとんどがその代償のものだったり、
親の望む(であろう)私像だったり、
本音を覆い隠すのに都合のいい
私なりの「生きる理由」でした。

それでも、
そのことに邁進した自分がいたからこそ
得たものがたくさん、たくさんあります。

そしてその得たものによって
導かれた出会いや流れ、その中での学びや気付き、
そのすべてが私の血肉になっていて、
その紆余曲折、回り道や道草のようなルートも
すべて、私の望み通りだったんだ
と、今はそう思います。

母を愛する私は、今もずっといます。
ただ、その愛し方が抑圧した愛じゃなく
解放された、より自分らしい愛になりました。

魂の旅路は、難解で複雑で、
そして実にシンプル。

日常では把握しきれない
心・意識の潜在的な部分に触れていくことで
自分の本音や本当の望みが浮き彫りになって、
「そうなってない今は不自然だな」
くらいに思ったら、現実になるのは時間の問題。

本音に気づけば、発言や思考や行動は、
当たり前に変化します。

セラピーだけじゃなく
芸術に触れたり、人と関わったりすることで
ふいにその想いが甦ることもあるし、
何より、嫉妬や苛立ちや葛藤の心理は
そこに「何かある」ことを知らせてくれます。

自分を知れば知るほど、
自分自身を自由自在に生かし、活かすことは可能なんですね。

結婚 | trackback(0) | comment(0) |


<<生きている実感 | TOP | 妊娠2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://colorfulharmony.blog85.fc2.com/tb.php/2178-053160c3

| TOP |

■PROFILE■

 

■CATEGORY■

最新記事

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ