2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2014/07/03 (Thu) 乗り越え続けるのは、乗っているから

7月がはじまりました。

先日、近所の神社で茅の輪を見つけて
見よう見まねでくぐってみました。

夏至の日でした。







4、5、6と環境がかわって3ヶ月たちました。

都内にいるのに、私はいつまでも田舎時間。
すっかりオバチャンだ・・・と思うものの
いろんな人や想いに助けられています。






さて、最近は
クライアントさんに、一様の傾向がありました。

精神科医のエリックバーンは
自分を縛る観念を「魔女の呪い」と言いました。

「過去に親が自分に望んだこと」かも知れないし
「親が望んでるとその時自分が捉えたこと」かも。

それを固定観念と言います。
私にも、たくさんあります。

いずれにせよ、自分に課した心の戒律を破るのは怖いし、
戒律を守っていることさえ気づけないことも、多いです。
けれど結局、越えなきゃいけないシーンを用意するから
無意識の自分は、あきらめない自分に、厳しくも優しい。

ただ、私も一時期おちいってしまったのが
「うまくいかない」「想い通りに進まない」
ことの答えを、すべて内側に求めたこと。
今おもえば「ただの向き合い病」でした。

苦しかった。向き合うことを強いる自分。


IMG_3467_convert_20140620092319.jpg








先日、海外在住の夫の友人夫妻と、その教師仲間が
日本観光に来ていて、一緒に会食に参加しました。

英語とスペイン語と日本語が混ざり合う空間。
ほとんど言葉は理解できないものの、
その後カラオケに行く流れになって、一曲。

それまで洋楽だった空間に、
スピッツの『チェリー』や
友人夫妻のデュエットが流れて
場の空気が変わっていって。







帰りぎわ。

スペインの女性に「アリガトゴザイマシタ!」
とお辞儀をされて、びっくり。うれしかった。

私は、AIの『Story』を歌いました。




言葉にならないほどの想いを
どれだけあなたに伝えられるだろう
ずっと閉じ込めてた
胸の痛みを消してくれた
今、私が笑えるのは
一緒に泣いてくれた君がいたから




私に、歌を思いださせてくれた仲間たちに、感謝しています。





??-4_convert_20140701131934

想い | trackback(0) | comment(0) |


<<自分を「本気で」知りたい・変えたい!人に | TOP | うるおう>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://colorfulharmony.blog85.fc2.com/tb.php/2103-7f486d99

| TOP |

■PROFILE■

 

■CATEGORY■

最新記事

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ