2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2013/08/27 (Tue) 想いをこめて

※修正・加筆しました



先日「自覚」というメッセージを受けました。

雷にでも撃たれたかのような
とても強い感覚でした。
まるで自分がどこかに消えてしまったようにも感じ、
自分が怖くなりましたが
しばらく、その感覚と言葉によるイメージやリアリティを
心で、心の奥深くで、
そしてさまざまな人や形を通して
味わい、実感していました。

Facebookには「自覚せよ」
というような強い言葉をかきました。

普段はできるだけ
表現や伝わるイメージやニュアンスに
気をつけているつもりですが
そのくらいの強い感覚でした。

とにかく、私自身と、私自身に深く関わりのあるであろう
身近な信頼できる人たちに託しました。





とても強いメッセージだったので
自分がどうにかなってしまうんじゃないかと
不安になるほどでしたが
私という人の、私らしい感性や感情を知る
たくさんの大切な人たちが
それを感じ、支え、受け入れ、理解してくれました。







「自覚」
すべてにおいての自覚。
そして「覚悟」。

言葉は本当に摩訶不思議で面白い。
前々から思ってたつもりだけど、
「つもり」じゃダメなんですね。
深く悟る、それこそ「覚悟」しないと。

文字通り、言葉通りに伝え、受け取ることができれば
こんなにもすばらしいツールはないけれど
言葉を理解し、言葉の真意を受け止め、
受け入れるだけの人間的な、
そして心の成長や成熟も欠かせないんですね。

それこそ
「言葉にならない」
「言葉にしきれない」
想いを察し、理解し、思いやり、
納得・熟慮し、
腑に落とすための経験や過程こそが
「共生」「共有」をうむ。






「〜らしい」
「〜っぽい」
「〜みたい」
「〜的な」
「〜風な」
「〜のようだ」
「〜であれば」
「〜だったら」

それらの冠につく
イメージや想像は
夢、希望、未来のためにとても大切なものです。

こと、私が実体感した震災の日以降
予想、予測、想像、
思いやり、慮る気持ち、優先すること
気配り、心配り、気遣い
そういったものが
どんどん取り戻されようとする様を
感じ、見聞きし、眺めていました。

これは私の特性・個性で
この想像力とイメージの力を駆使し
あれからの日々を予見に引き寄せられるように
過ごしていました。

どんどん、その直感が当たり、
それが取り戻されていきました。






けれど、
最終的になにか欠けているものがある。
そんな気がしました。

私自身、そして私の世界と世界観、そして人々の中に。
それが「自覚」でした。





「表現」の
イメージに引きずられず
たくされた想いに囚われず
本来あるべき
あるがまま
そのままの
「自覚」
それこそ
「唯一無二の自覚」
「わたしはわたしでいい」
という感覚や自覚。

言葉にしきれない想いもすべて
それら
「過去のもの」
に影響されたままで
本来の
「今ここにあるもの」
に目を向けられていなかった。

そのことを、
なにより私自身が、そして私に関わる人々によって
取り戻すべきものだったことを知りました。







もうすでに、始まっています。
始まっているもの、始まっていたものもあります。
取り戻された「自覚」が生み出すなにかが。
そう実感・体感しています。

私にかかわるすべてにとっての
「自覚」
そして
「ありのままの自分らしさ」
「等身大の目線」
が取り戻されて行きますように。
そして暖かく、柔らかく、優しく伝わりますように。



私と、私を映し、支えるすべてに感謝します。
その喜びと幸せを共に味わいながら。
まだまだ、これからですね。

すごいことになっちゃうな、きっと。
わかってたけど、本当になっちゃうなんてね。
たのしみ。

想い | trackback(0) | comment(0) |


<<とどろく | TOP | 拡大>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://colorfulharmony.blog85.fc2.com/tb.php/1932-4d3d8c64

| TOP |

■PROFILE■

 

■CATEGORY■

最新記事

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ