2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2012/09/20 (Thu) 大樹

時空を超えた再会が続いています。




15年ぶりに学生時代の親友Rと電話で話した翌日、
その共通の友人Yからメールが入り、
Rと話題になったNの近況が聞けたり。

ほんと、つながってるよね。
というか、つながってたの。







一昨日は、従兄弟と叔母と、実家の前でばったり。
両親は二人で美術館に出かけていたらしく、
私がかわりにおもてなし。

10歳離れた従兄とは
一緒に遊んだというより見守られていた感じで、
相変わらずの寡黙さと深い愛情をたたえてた。

話しをしだしたら
私が小学校の頃に一緒にお神輿をかついだこととか、
お兄ちゃんが住んでいた仙台のアパートに遊びに行ったこととか、
ものすごい蛇を見たこととか、
逢わなければ思い出せなかったような細かい記憶まで。

時間がたっても、共有したことというのは
いつまでも変わらなくて、
それぞれの想いが心の中に蘇って、
こうして紡いでいく普通の日々が
愛おしいと思える今に幸せが詰まってる。







それにしても、
両親が頻繁にデートをするようになったのは
私が二人の邪魔をしなくなったせい。

仲介人をやめたとたん、人は自力を取り戻す。
最後は自力。
自分を信じる力。
100万回聞いても、100万回言っても、やっぱりそう。

問題が起こらない事が大切なんじゃなく、
問題を超える力を取り戻すことが大事。
問題から目をそらすことでもなく、
問題が無いと蓋をすることでもなく。







私は、というと夏のはじまり頃から
これからは言葉だけじゃなく、
出逢うこと、時を共にすることで
循環して行こうと思ったせいか

6月、「意識を選ぶ」感覚を体感。
7月、「集合的無意識」と「顕在意識」を区切る感覚を体感。
8月、無意識(潜在意識)の完璧さを改めて実感。

そうやって意識の世界を確認して、
自分なりの安心感を得て
ようやく先月のブルームーンというきっかけを利用し
一気に私の課題を超える決断。

超えて見えたものは
「私はいつでもすべてに守られていた」
といういつもの安心感と、
顔つきや体つきまで変化するという、
相変わらず見事!な意識と現実の世界。

俊速の意識で未来を見に行って
牛歩で現実を作る、それが私、らしい。






先日クライアントの方が
「ここまでしないと玲子さんのところに来られなかった」
とおっしゃっていたけど、
それでも来て下さったことが嬉しかったです。

私は意識が早すぎるせいか、
クライアントの未来が見えてしまって
ついそっちばかりに目が行っちゃったりして。
今その人が例え苦しみにもがいていても、
それを乗り超えたその人の表情が見えてしまう。

だから改めて
可能性(本質)を視覚化するデザインと
クライアントの世界に寄り添うセラピーと
両方をして行こうと思いました。

課題をクリアすることも大切だけど、
自分のペースで自分が納得できるところまで行ってみる
っていうのも大事なこと。

現実化するためにはコツコツと続けるしかないし、
それで限界を感じる事もあるかも知れないけど、
そうまでして頑張った自分を癒したり労ったり
ちゃんとヨシヨシしてあげられたらいいよね。

大地に根を張り、天空に枝葉を拡げる。
そんな大樹になりたいね。







??_convert_20120920120041

刺し子の得意な叔母が作ったという作品。
かわいい。

想い | trackback(0) | comment(0) |


<<目醒め | TOP | Universe>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://colorfulharmony.blog85.fc2.com/tb.php/1593-aed6d088

| TOP |

■PROFILE■

 

■CATEGORY■

最新記事

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ