2014・01
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2014/01/28 (Tue) ひだまり

web/Produce&Design by224

suiu_convert_20140128012509.png

山形県山形市「翠雨-suiu-」さま






山形県は旧国名で「出羽」。

出羽三山の月山には、ツクヨミノミコトが祀られているとか、
自然信仰と国内有数の米どころを誇る「The・NIPPON」な県。
ちなみに標高555mの「日本国」という山があります。どんだけだ。

豊かな感性によって
心の奥底にある「想い」をくみ、ひき出す空間です。

やわらかな日だまりみたいな、とっておきの場所。

作品 | trackback(0) | comment(0) |


2014/01/20 (Mon) 産みのよろこび

「書く」という行為がこんなに
もどかしいと思ったのは初めてかも。

メモ魔だった私も、
メモをとる間もなく
このめくるめくスピードを味わうのに精一杯。

とにかく、ミラクル続きです。
落ち着いたらまとめて書こう。






昨秋、Facebookで
「自分のみ」に設定して、
私の確認のために残しておいた想い。

感じてしまうことが恐いから、感じないようにする。
そういうふうに脳や体ができてるんだとすれば、
私たちは、自分という生命を守る力を備えて生まれてるということ。

現象や事象に侵されることさえ受け入れながら
感じるものひとつずつを取り入れて行くと、
感情のゆさぶりの中から見えてくる、
この「命」という畏敬の力をただ守りたいだけのかも。
様々な存在感を心強さや象徴に変えて。

だとしたら、自分にちゃんと呼応するものでなきゃ、
この命は守りきれないんだきっと。
だから必死なんだ。
失敗なんて、ないんだ。









「意味、わかるかな?」
と読んで聞かせたら、
「わかる人にはわかるだろうね」と。

わかる、ってことだよね。
じゃあ、それでいいや。
わかってくれる人がそばにいるなら。








喜怒哀楽は、教えてくれる。
命の温度と、想いの温度を。
受け容れたことを押し出す力も、人にはあるのだから。

私は、生命の本質と、生命の源泉を信じよう。
どうしたって、上下も優劣も意味をなさない
身上を持つ私のまま、生きるしかできないや。

そして呼応するものに出逢い続け、
呼応するものと共に生きる喜びを実感中です。

EdenとHeavenをARTで繋いで、EARTHなの。

すべては、繋がってる。
いろんなものが変わったようで、
何も変わってない私がここにいます。

年だけは、確実にとったなぁ〜。
ステキに年を、重ねていきたいな。
たくさんの愛に包まれて。
たくさんの愛に包まれるには、自分をたくさん愛すること。





まもなく、またひとつ産声をあげます。

想い | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

■PROFILE■

 

■CATEGORY■

最新記事

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ