2012・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2012/08/24 (Fri) 1年5ヶ月

先日、8月11日のこと。

昨夏の記憶を振り返りながら、
あれからの隙間を埋めていたら
ちょうど1年と5ヶ月めだったことに気づいた。






隙間を埋めたくなるこの癖は、
もう子供のころからずっと。

この身体で
見た、聞いた、触れた、感じた、
そういうものが「私」を作っているんだと、
なぜだかそう思っていて、
そういう「私」全部を残しておきたくて、
日記を書き続けてはや33年。

ちなみに日記は、公開しようがしまいがおすすめです。
文脈とか脈絡とかなんて、どうでもいいことで、
自分の足跡、自分の整理、
自分の記憶を喚起させるツールとして。

記憶とともに溢れ出した感情は、
「共有感」を守りたいという私の意志。
3月11日のあの日、私が塩竈にいて、
そこで過ごした時間や空間、
3月10日までに積み重なったもの、
私の中で消えることのない記憶とか意志を、
ただただ必死に守り続けていた。

距離とか時間を超えても
つながり続ける意志のようなもの。
ありとあらゆるものが変化しても、変わらないもの。

バッタリ出逢える、という
印象的な偶然が繰り返されて来た私の、
その人生の「不思議」を自分が解明するために
「自分を知る」ことをやめさせずにいる。

そして再びその不思議が私を私に引き戻す。
そして私に永遠を思い出させる。






そもそも、希望や願いという
ベクトルが無いところには「反応」すらしない。
争いや拒否や否定すら、
希望や願いという「反応」なんだし。

「無知」や「違い」を超えたいという意志、
それよりシンプルに
「逢いたい」とか「話したい」とかいう欲求、
それは「エゴ」と言われる
嫌われがちなものなのかも知れないけど、
そういうものを含む自分自身を
大切にしあいたいという気持ち。






そんな想いが蘇ったら、
いつものごとく
私はこんなに人を思っていたんだ。
私はこんなに人に思われていたんだ。
というところに行き着いた。

以前にも増して感情に触れやすくなったぶん、
そこに行き着くのが早すぎて、
自分でもなんだかポカーンとしてしまうんだけど、
それもこれも、
母の寂しさと私の寂しさを共有した記憶
私を大きく癒した成果なんじゃないかなぁ、と思う。

「拒否」するのは「相手」じゃなく、
そう思っている「自分」だから。
そういう自分を受け容れあったら、
それぞれの想いはひとつだってことに気づく。

自分の中の矛盾を統合させるための
果てしない癒しの道のり。
これからも、私は私を癒し続けよう。
そして私好みのアートに酔いしれていようと、そう思った。

自分には見えないこと、
自分にしか見えないこと、
その両方が、大切なもの。

自分を必要としてくれる力に、
人は誰もが支えられているんだと思う。
だけど自分が何を必要としているのかを
知らないと苦しくなる。
求められることに応じるだけが人生じゃないから。

だからすれ違いやタイミングすらも含めて、
私は愛の力だって信じてるんだ。

破壊や破滅なんてものは無い。
「つながり」という関係性は
意志を超えたところでも常に保たれているからね。


R1047646_convert_20120824125233.jpg

想い | trackback(0) | comment(0) |


2012/08/23 (Thu) 自分である、ということ

おとといの夜、山の上に空を見に行きました。



「明かりがひとつもないところ」
を目指していたら、いつのまにか
結構高いところまで行っちゃってた。

山並みの木々の向こう
目の高さから頭上まで、ぐるり。

夜空ってほんとは紺碧じゃなく
霧みたいな薄い灰色なんじゃないかな、
と思うくらいの
無数の、無数の、無数の星と天の川。

あんな空、もう何年ぶりに見ただろう。





北海道に住んでいた頃
みんなで乗馬仲間の牧場に遊びにいった夜
私は向かう途中で居眠りしてしまい、
「着いたよー」の声で目を覚まして。

ねぼけまなこで車から降り、空を見上げて
「あれ、ここプラネタリウムの中なのか」
と、本気で。

本物の星空だと気づくまで数分かかった。

あのときの空のすごさは
史上最高くらいに焼き付いてたけど、
今回は記録更新するくらい。

星ってあんなにあるんだね。
普段見えてないだけで、あるんだ。

気温も湿度も絶妙で、
肌触りのいいシーツにくるまってるみたいな、
完全なバランスで支えられてるような安心感に浸った。
あのまんまずーっとずーっと
眺めていられそうだったなぁ。

こういう、目的も意図もないような、
だけど「見たい」一心で
そこに向かわせる私の子供心は、
いつも必ず望み以上のものを
見せてくれる。






宇宙チャージが完了し、満ち足りた気分で
帰宅して翌日
ふと思い立ってカードをひいてみた。

ひと呼吸おき、直感で一枚をひく。
結局、この直感を自分の真実として信じられるかどうか、
ということなだけ
なんだけど。

プラセボとかのレベルじゃない、
衝撃的で象徴的な、ずどん!と
ど真ん中に落ちる一言。
突然、ぼろぼろ涙が出る。
やっぱりなぁ…!

「カードとか、やったほうがいいよ」
と何年も前に言われた理由
私、全然解ってなかったなぁ。





私でよかった。

この「私でよかった」を
誰もが、それぞれが味わい、
それを「だよね」と言い合いたくて、ずっと。

ただ、ありのままの
自分を抱きしめ合う同志。
目に見えるものの「違い」という
差を取り合う同志。

家族の元に生まれた全ての人が、
日々を営む一人ひとりが素晴らしく
かけがえのない価値ある存在だ
ということを、自分自身が思い出すこと。

その「かけがえのない価値」
という記憶こそが
唯一の自分、最大限の自分を生きる力。
それを「幸せ」と言わなくて何を幸せっていうんだろう。

それぞれが、自分のリズム、自分のペースで。
私には私の、誰かには誰かの
リズムとペースがある。
確実に刻み続けている、鼓動のリズム。





ものづくりの仕事をするせいか、
色んなものを形にするのは、私の好きなこと。

デザインするものも
クライアントと共に作り出す
形はもちろん、
そもそもの出逢いや
互いのイメージをすりあわせる時間、
できたときの喜び、
そういう全部が私の中では作品。
形はその想いをのせたシンボル。

形とともに、そこから誰に、どう伝わっていくのか
そこにこめた想いが
その先でどんなふう拡がっていくのか、
そんなことにも想いを馳せて。
そのすべてが私にとっての幸せ。






先日、カリフォルニアに住む従姉が、
私が社会人になって初めて作った本を
今でも大事に使ってくれていると言ってた。
もう15年も。

そんなふうにして、私から離れていったものが
時を超え、遠く離れた場所で活躍してるなんて、
なんて幸せなことだろう。

生み出すこと、形にすることは、
きっと一生やっていくこと。

だから、じっくり、ゆっくり、作り上げて行こう。
私らしく、丁寧にあたためながら。
遅かれ早かれ、私の願いはパーフェクトに叶うし、
今だって既に形を変えながら、
目に見えたり見えなかったりしながらも叶ってる。

私が絶対見たいもの。
この身体で感じたいもの。
それを味わっちゃえる力があるってこと、
改めて思い出した。

想い | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

■PROFILE■

 

■CATEGORY■

最新記事

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ